きおくのきろく

ディズニーのこと。USJのこと。たべること。すきなこと。

行くぞ!ディズニー・クルーズ・ライン!【CABO SAN LUCASでのポートアドベンチャー】

乗船して3日目です。

4泊5日の旅で寄港地はひとつです。

ポートアドベンチャーの申し込みは、事前の手続きができるころにしようかどうか、

迷って結局予約をしないまま乗船。

お船で過ごしてみて、2日目の朝にやっぱり早速メキシコに降り立つのだから!

と申し込みに行きました。

 

申し込みデスクがかわいい!

f:id:endoukayo:20190629153634j:image

 

希望していた散策ツアーだけが唯一満席とのことで、

COASTAL HILIGHTSという寄港地のオススメポイントを回れそうなツアーを申し込み。

 

めっちゃ歩く?って聞いたら楽勝だよ!?のような返事が返ってきました(笑)

説明を受けチケットを受け取り、当日に持って行きました。

 

集合はツアーによって異なりますが、わたしたちのツアーは8:45にDラウンジ集合。はやい。

いろんなツアーの方が集まるので、受付後目印ステッカーが配られました。わたしたちはドナルドチーム。

f:id:endoukayo:20190629153758j:image

 

テンダーボートで移動。これが気持ちのいいこと...

f:id:endoukayo:20190629153851j:image
f:id:endoukayo:20190629153900j:image
f:id:endoukayo:20190629153857j:image
f:id:endoukayo:20190629153904j:image

 

お船をこんな形で眺めるなんて新鮮でした。

 

テンダーボートを降りてからはバスへ。

現地のガイドさんの説明を受けながら移動です。

 

ひとつめはSun Set Monalisaというレストラン?でしょうか。景色を眺め飲み物をいただきちょっと休憩。

f:id:endoukayo:20190629154915j:plain

タイルがかわいい
f:id:endoukayo:20190629153937j:image

 

 

次に向かったのがSan Jose del Cabo。ここで散策など自由時間です。無料でもらえるアイス券のおかげでここでも休憩。

f:id:endoukayo:20190629154041j:image

 

サングラス必須の日差し(わたしはすっかり日本に忘れていました)
f:id:endoukayo:20190629154038j:image

 

パペルピカドがあちこちに。

f:id:endoukayo:20190629155217j:plain

 

サンホセデルカボ。映えるねえ。

f:id:endoukayo:20190629155038j:plain

 

教会の中も自由に入れます。先ほどの観光スポットというより生活感のある街でした。

f:id:endoukayo:20190629155151j:plain

 

 

最後に向かったのは港近くのGlass browing factoryです。ガラス細工を作る様子の見学やお買い物ができます。

f:id:endoukayo:20190629154121j:image

 

 床や天井にガラスが散りばめられたお部屋は光があたりとっても綺麗に。

f:id:endoukayo:20190629160523j:plain

 

結構歩くのかな?と思いきやほぼバス移動で休憩もたっぷりののんびりコースでした。

9:30〜13:30くらいの体験でした。

日差しが強く暑すぎたのでこれくらがちょうどよかったメキシコ上陸でした。

行くぞ!ディズニー・クルーズ・ライン!【Origami Craft、乗船2日目】

乗船2日目、丸1日船の上です。

朝から翌日のポートツアーを申し込み、プログラムとにらめっこ。

父とともに気になった「Origami Craft」へ。いろんなプログラムに参加してよかったことのひとつは、開催場所がラウンジ等使わなかった場所であったこと。

 

Origami CraftはPromenade Loungeにて。もちろんラウンジ利用の方もいらっしゃいます。15〜20人程、子ども連れの方からご高齢の方まで参加者は様々です。モニターと英語の解説で教えてくれ、進捗も確認してくれるので父も簡単にできました。

 

折り紙=正方形のイメージだったが違うようだ。

f:id:endoukayo:20190525094743j:image

 

こうして、
f:id:endoukayo:20190525094738j:image

 

こうじゃ!Dragon Flowerとのことです。
f:id:endoukayo:20190525094747j:image

 

これを持って船内を歩いていると「Origami Craft?」とクルーさんたちが笑顔で話しかけてくれるので、それも楽しいです。

これが嬉しかったのか、父は毎朝チップと一緒に折り紙を置いていました(笑)

 

この日はその後もまったりと。キャラクターたちにもさほど待たずに会えました。お天気が良すぎてdeck9,10で日光浴すると焼けるくらい。みんなプールに入っていたね(寒い日だろうがみんなプールに入るからすごい)。

 

こんな日にはアイスがいちばん(毎日食べていたが)!

f:id:endoukayo:20190525094728j:image

 

ひたすら青いお空。
f:id:endoukayo:20190525094731j:image

 

食べたらお散歩。ランニングウェア、シューズで走る方も多かったdeck4。父計算だと、徒歩で1周約6.5分。500mくらいでは、とのこと。まったりするのもたまらんのや…

f:id:endoukayo:20190525094750j:image

 

これで遊んでいる方もたくさん。

f:id:endoukayo:20190525094725j:image

 

船内にはいたるところにソファや椅子があり、部屋に戻らずともいつでもボーッとすることができました。

人通りの少ないここも、外の様子が見えて心地よかったです。

f:id:endoukayo:20190525094734j:image

行くぞ!ディズニー・クルーズ・ライン!【タオルアートの正体。Towl Folding】

ディズニーのクルーズでよく見かけるもの。ドアデコとタオルアートではないでしょうか。

もちろんわたしたちの部屋にもありました。

 

初日
f:id:endoukayo:20190506090710j:image

 

2日目
f:id:endoukayo:20190506090656j:image

 

3日目、パイレーツナイトの日
f:id:endoukayo:20190506090726j:image

 

最終日
f:id:endoukayo:20190506090734j:image

といろんなバリエーションがあるわけです。毎日すごいなあ!と父と感心していたところ最終洋上日にこんなプログラムを発見。 

 

f:id:endoukayo:20190506093343p:image

クルーズ中に出会うアメージングなタオルクリーチャーのクリエイト方法を学ぶ!行くしかありません。

 

 

会場はD Loungeなので結構広い。集まった人も多い!
f:id:endoukayo:20190506090737j:image

 

見本たち。(ちなみにこれ全部を作るわけではなかった笑)
f:id:endoukayo:20190506090715j:image

 

ここでの主役は普段すれ違うホスト、ホステスさんたちです。折り紙の折り方みたい。イラストばかりなので英語ができなくても大丈夫。この説明紙とフェイスタオル、バスタオルが1枚ずつ配られます。このプログラムは30分くらいだったかしら。
f:id:endoukayo:20190506090730j:image

 

椅子に座りのんびり、なんてわけにはいきません。2人とも周りに習い、父は机にタオル広げ、わたしは床にタオル広げ必死についていきます。ねじる作業など意外と難しい。

1つ目は白鳥でした。タオルの締め具合が難しくて、ゆるいと立たないしきついと頭が垂れない。
f:id:endoukayo:20190506090703j:image

 

ネムーンのゲストにはこうするんだよ!とホステスさん。日本のクルーズ船でも何年も勤めておられたという方で、最初から最後まで見てくださり、日本語も少しできるとのことでめっちゃ会話できました。毎日お世話してくださるのにすれ違う方とこんなに話せるなんて!楽しい!!
f:id:endoukayo:20190506090706j:image

 

続きまして犬。整形できなくて一度崩された(ホステスさんに崩していただいた)もののあまり変わらず。ぶた鼻にどうしてもなる。ごめん。
f:id:endoukayo:20190506090718j:image

 

こちらはぞうさん。鼻の形を褒められた作品。耳の大きさでアフリカゾウアジアゾウか決まるらしいです。
f:id:endoukayo:20190506090659j:image

 

最後はお猿さんです。こうやって作りながらここが顔!など愛情を注ぐからわかるものの、のちに見返したら絶対にわからん。
f:id:endoukayo:20190506090722j:image

 

慣れたら30秒〜1分くらいで作っちゃうんだって。すげえ。

 

必死にタオルを広げ続け、何度もやり直し不完全燃焼(?)だった父はお船でこんな本を購入。
f:id:endoukayo:20190506090650j:image

20ドルくらいって言ってたかな?クルーズの思い出にいかがでしょうか。

 

ちなみにお部屋のタオルアート、わかったものもあれば最後までわからなかったものもありましたとさ。

行くぞ!ディズニー・クルーズ・ライン!【念願のTiana's place】

あっちでもうるさく書きましたが、こっちでも残しておこう。とても長くなります!写真も多いです!Tiana's Placeのネタバレしかないので知りたくない方はお気をつけて!

 

わたしはティアナというキャラクター、プリンセスと魔法のキスという映画が大好きです。アナハイムのディズニーランドに行った際も、彼女に会うことを楽しみにしていましたが、叶わず...

 

Wonder号に決めたのは、「絶対に、ティアナに会える」からです。

 

 

(まさか初日だとは思っておらず、ど緊張)

f:id:endoukayo:20190430193243j:image

入り口からもう映画の世界に入ったよう。
f:id:endoukayo:20190430193239j:image

f:id:endoukayo:20190430193236j:image

 

乗船中の朝昼の食事は自由ですが、夜は3つのレストランのローテーションでした。ルームキーに各レストランが書いているので、それで確認できます。

 

f:id:endoukayo:20190430194041j:image

赤マルがディナーに関する情報。時間、テーブル番号(わたしたちは日本人の方ばかりのテーブルでした。毎日同じテーブルメイトと食事です)、

TP=ティアナズプレイス

TR=トリトン

AP=アニメーターズパレット

って感じです。

 

 

さてメニュー。ティアナの夢が叶ったレストランやん…
f:id:endoukayo:20190430193458j:image

 

英語メニューの裏に日本語メニューがありました。
f:id:endoukayo:20190430193452j:image
f:id:endoukayo:20190430193502j:image

前菜からデザートまでフルに食べるのはちょっとヘビーだったので、前菜orスープ、メイン、デザートと頼んで調節してみたり。

 

 

f:id:endoukayo:20190501150741j:plain

f:id:endoukayo:20190501150825j:plain

メインはシーバスのケイジャンスパイス風。海老のプリプリ食感と下のジャンバラヤが美味しい一品。

f:id:endoukayo:20190501151531j:plain

 

父はローストした鶏胸肉(だったと思います)。

f:id:endoukayo:20190501151558j:plain

 

そしていちいちお皿が可愛い。ナヴィーンの表情ひとつひとつがたまらんのです。

f:id:endoukayo:20190501150953j:plain

f:id:endoukayo:20190501151628j:plain

 

父はビールを(なんとなくファシリエぽいと撮った1枚)。

f:id:endoukayo:20190501151815j:plain

 

3日間夕食ででたパンで、ここのものはバジルが風味でふわふわとした食感、個人的には好みでした。

f:id:endoukayo:20190501151827j:plain

 

デザートメニューは英語のみ。

f:id:endoukayo:20190501151808j:plain

f:id:endoukayo:20190501151811j:plain

f:id:endoukayo:20190501151819j:plain

 

ここに来りゃベニエ一択ですよ。チョコレートソースと粉砂糖がこれでもか!と。

f:id:endoukayo:20190501151842j:plain

 

このレストランの魅力は、ニューオリンズな料理だけでなく何より雰囲気。

席につくとまずビーズネックレスが配られまして。全員首から下げるわけです、自然と。食べている最中も演奏は途切れず、ティアナが席に挨拶にきたり、前のステージで歌ったり…

 

もちろんルイスも。

f:id:endoukayo:20190430194645j:image

踊りすぎてブレるサーバーさんたち!(紙製?の楽器を持っています)
f:id:endoukayo:20190430194641j:image

もちろんわたしたちも踊り(会場を回り)ます。自由参加ですが半数以上は参加されていた様子。
f:id:endoukayo:20190430194649j:image

映画の曲、Gonna Take You ThereやDig A Little Deeperを歌いながら踊る日がくるなんてー!あああー!!!

 

と、もう初日からWonder号の乗船目的を果たし、ひとり大興奮しておりました…同じテーブルの方々引いてたらごめんね。

 

f:id:endoukayo:20190501155240j:image

生きてて良かった…

アウラニでFTWがしたい!国内準備編

さて、クルーズの記事ばかりではなくこちらも進めているところ。

 

※詳細(キット)情報は譲渡公開できませんので…とにかく全て選ぶだけ。国内の式準備がどんなものかわかりませんが、気になる点などもメールでやりとりなので家にいてできるのがありがたいです。

 

航空券や宿もやっと個人手配しまして、細々とした準備にもとりかかろうかと。

 

・招待状

・しおり

であります。10人ちょっとなので手作りのこちらを注文。自己満になりそう笑

 

・招待状はこちらを注文。

item.rakuten.co.jp

 

 

・しおりは何度か使っているテンプレートを。

www.microsoft.com

 

シンプルで写真や文章を変えるだけでできるものもあるので、何度か活用しています。

(個人的に作って家族利用したもの。かなりアレンジしている笑)

f:id:endoukayo:20190501141523p:plain

 

(さて今月は衣装選びに行く予定ですが、骨折の具合はいかに...式までには骨はさすがにくっつくでしょう!!)